電験3種WebHandMade[過去問・解答・重点学習]

昭和時代の電験3種の過去問題/解答記述式


第三種電気主任技術者試験は、明治44年(1911年)から実施されている国家試験です。
昭和56年までは解答記述方式を採用していたが、受験者の増加に対応できなくなってきたので、昭和57年からマークシート方式へ変更されています。

解答記述方式ということは、マークシート方式のように『まぐれで正解』ということはありません。
つまり、基本的なことを理解して試験に望まなければ、白紙で解答用紙を提出するという屈辱的な状況になるわけです。

その為、現行試験制度との難易度の比較は意味がありません。
ここでは、当時の電験3種受験者の苦労に思いを馳せつつ、緊張感を持って問題を解いてみて下さい。
何か新しい発見があるかもしれません。


1.理論


  1. S56.理論.問2
  2. S56.理論.問4(3)
  3. S54.理論.問4(3)
  4. S55.理論.問4(2)
  5. S53.理論.(2)
  6. S52.理論.(2)
  7. S55.理論.1
  8. S56.理論.3
  9. S54.理論.1
  10. S51.理論.(2)


2.電力


  1. S51.電力(発電・変電).(1)
  2. S52.電力(発電・変電).(1)
  3. S54.電力(発電・変電).3
  4. S52.電力(送電・配電).(2)
  5. S53.電力(送電・配電).(1)
  6. S56.電力(送電・配電).1
  7. S55.電力(発電・変電).1
  8. S56.電力(送電・配電).2
  9. S54.電力(送電・配電).1


3.機械


  1. S56.機械.1
  2. S53.機械.(2)
  3. S56.機械.2
  4. S54.機械.3
  5. S56.機械(電気応用).3
  6. S55.機械(電気応用).3
  7. S55.機械.1
  8. S55.機械.2
  9. S52.機械.(1)


4.法規


  1. S56.法規.1
  2. S53.法規.(1)
  3. S56.法規.3
  4. S54.法規.3
  5. S55.法規.(1)
  6. S54.法規.1
  7. S51.法規.(2)