電験3種WebHandMade[過去問・解答・重点学習]

テブナンの定理


テブナンの定理は、電気回路の特定の箇所に流れる電流を求めるための定理である。
この定理は、特定箇所以外の回路網を一つの電圧源と一つの抵抗の直列接続の回路(テブナンの等価回路)に置換することにより行われる。





1.回路網をテブナンの等価回路に置換する手順


@ 電気回路を特定の箇所とそれ以外の回路網に分ける。




A 抵抗Rを開放したときの端子電圧E0を求める。




B 回路網の電圧源を短絡、電流源を開放したときの端子から見た合成抵抗R0を求める。



※参考:電圧源と電流源



C 端子電圧E0合成抵抗R0から、回路網をテブナンの等価回路に置換する。






例題1


下図の直流回路に流れる電流I[A]をテブナンの等価回路に置換して求めよ。









例題2


下図の直流回路に流れる電流I[A]をテブナンの等価回路に置換して求めよ。









例題3


下図の直流回路の電流Iは4[A]である。
この状態からスイッチSを開いたときの電圧E0[V]の値をテブナンの定理を活用して求めよ。

〔電験3種/平成5年度/理論問8改定〕