電験3種WebHandMade[過去問・解答・重点学習]

式を解く〔1〕


1.未知数と既知数


未知数とは、値がわかっていない数のことである。
既値数とは、値がわかっている数のことである。

まずは、電験3種の問題文をしっかり読んで、何が未知数で、なにが既知数なのかを把握する。
それから、電気に関する各種法則や公式などから未知数を含んだ式を立式する。

立式した式の未知数を求めることを式を解くという。



2. 
B
A
D
C
 の式を解く



(1) B、C、Dが既知数


   



(2) A、C、Dが既知数


   



(3) A、B、Dが既知数


   



(4) A、B、Cが既知数


   


3. A=
C
B
 の式を解く



(1) A、Bが既知数


   



(2) A、C が既知数


   



4. A=
CD
B
 の式を解く



(1) A、B、Dが既知数


   



(2) A、B、Cが既知数


   



数学


  1. かけ算九九
  2. ギリシャ文字
  3. 指数法則とSI接頭辞〔1〕
  4. 指数法則とSI接頭辞〔2〕
  5. 平方根〔1〕
  6. 平方根〔2〕
  7. 図形の面積
  8. ピタゴラスの定理〔1〕
  9. ピタゴラスの定理〔2〕
  10. ピタゴラスの定理〔3〕
  11. 三角比〔1〕
  12. 三角比〔2〕
  13. 式を解く〔1〕
  14. 式を解く〔2〕
  15. 式を解く〔3〕
  16. 式を解く〔4〕
  17. 式を解く〔5〕
  18. 電卓計算〔1〕
  19. 電卓計算〔2〕