電験3種WebHandMade[過去問・解答・重点学習]

指数法則とSI接頭辞〔1〕


1.指数と指数法則


aをm回かけた数を am、aをn回かけた数を anと表記するものとすると、
bをm回かけた数は bm、bをn回かけた数は bnと表記することができる。

ここで、mとnは指数と呼ばれる数である。


am【読み方:aのm乗(じょう)】 
bn【読み方:bのn乗(じょう)】


これら指数の間には下記の指数法則が成立する。





数学


  1. かけ算九九
  2. ギリシャ文字
  3. 指数法則とSI接頭辞〔1〕
  4. 指数法則とSI接頭辞〔2〕
  5. 平方根〔1〕
  6. 平方根〔2〕
  7. 図形の面積
  8. ピタゴラスの定理〔1〕
  9. ピタゴラスの定理〔2〕
  10. ピタゴラスの定理〔3〕
  11. 三角比〔1〕
  12. 三角比〔2〕
  13. 式を解く〔1〕
  14. 式を解く〔2〕
  15. 式を解く〔3〕
  16. 式を解く〔4〕
  17. 式を解く〔5〕
  18. 電卓計算〔1〕
  19. 電卓計算〔2〕